So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

読了:スモーク・リング (The Smoke Ring), ラリイ・ニーヴン [読書日記]

* スモーク・リング (The Smoke Ring), ラリイ・ニーヴン, 小隅黎, 早川書房, 9784150107888

ニーヴン 「インテグラル・ツリー」の続編にあたるハードSF (?) である。1987年の作品。
舞台は前作の十数年後、特異な生態系の中で見つけた安住の地(=木)に暮らす面々、その前に思いもよらぬ移動手段をもつ人々が登場。彼らによると、同じ生態系をずっといった先には同じような人々が住み、マーケットと通貨と海軍があり、何でも知っているデータベースシステムがあるという。知識欲もあって彼らはそこを目指すのだが・・・という話。

なんとなく「未来少年コナン」のような展開のような気がして嫌な予感を抱えながら読み進めたのだが、その予想は幸いにもはずれた。蒸機ロケットの起動のしかたはどうかなぁと思いつつもいちおう実現できそうであるし、なんだかんだ言っても人類は新しい環境のもとで良くやっている、と思える話だ。

話の展開が一部ご都合主義に走り過ぎな気がするのは仕方ないとして、最後のほうであーあと思ってしまったのは、この物語のオチ(というより、この物語自体の最初の引き金)が、某有名SF映画のアレとモロかぶりなところ。本文でもちらっと言及があるのでわざとだと思われるのですが…。
この作品シリーズがマイナーにとどまったのはこのあたりの悪ノリ(?)のせいなんじゃないかと勘繰ってしまいました。

スモーク・リング (ハヤカワ文庫SF)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:インテグラル・ツリー (The Integral Trees), ラリイ・ニーヴン [読書日記]

* インテグラル・ツリー (The Integral Trees), ラリイ・ニーヴン, 小隅黎, 早川書房, 9784150106935

いまや巨匠といって良いだろう、ラリィ・ニーヴンのハードSF。1983年の著作である。

リングワールドに勝るとも劣らない特異な環境に生きる人々の物語である。あちらは人工物、こちらは自然の成立したもの、という相違はあるが、宇宙の果てに生存可能な広大な環境があって、というセッティングそのものは同じ系列だろう。

まず巻頭に図解がある。中性子星を巡るガスの円環体と、その内部構造。あとからわかるが、この図がないとものがたりの最初っから何が何だか理解できないだろう。濃密な呼吸可能な気体に満たされた「スモークリング」。そこに生きる「インテグラルツリー」。さらにその上で生きる人々。ツリーの周りには人類以外の不思議な生き物も存在している。それらの環境はどうやって存続しているのか、人々はどうしてそこに居ついているのか。知識の伝承を担っている者たちの会話の断片と、そして狂言回し的に現れるAI「ケンディ」の独白によって、徐々にそのあたりは明らかになるのでご安心のほど。

いやいやしかしこの話は楽しい。人類の知らない高度な科学技術が出てきたり、異星人の残した超絶環境がでてくるわけでもない。自然の猛威による災厄と、それって「未来少年コナン」ですかと思えるちょっとした舞台転換があったあと、播種SFとしてはおさまるべきところにおさまっていく(このあたりも未来少年コナン風かも)のも後味が良い。続編を期待したいところだが、流石にもう書かれないだろうとも思う。(と思ったら、ずっと前に書かれているじゃないですか! "The Smoke Ring (1987)"。)
ひさしぶりにワクワク楽しませてもらいました。

インテグラル・ツリー (ハヤカワ文庫SF)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:さよなら神様, 麻耶雄嵩 [読書日記]

* さよなら神様, 麻耶雄嵩, 文藝春秋, 9784167908805

麻耶雄嵩の「神様」シリーズ(?)の第2弾である。

例によって連作短編の形をとる。前作「神様ゲーム」を読んだのは3年前、ジュブナイルの形をとったものだが、あの幕引きはかなり衝撃的だった。今回もそういう感じかなぁと読み始めるとちょっと様相が違う。舞台は例によって小学校のとあるクラス、しかし書きっぷりが全然ジュブナイルじゃない。へえ~と思いながら読み進めていくと神様のご神託の通りに突然に事件は終結。そしてまた次の事件が起き・・・という展開。

ジュブナイルじゃない書きっぷりなのが何故なのかは、途中途中にオヤっと思わせる話を挿入しつつ、それは終盤になって明らかにされる、というわけだ。このネタはまあ近年のお約束的なところもあるわけなんですが、そのへんを絡めつつ話はどんどんえげつない状況に陥っていく。

最後のエピローグはともかく、連作の形のエピソードを読み進めるにつれて心が苦しくなってくる。ミステリ小説でこういう感じになるものは珍しいよなあと思いつつ、このあたりが麻耶の真骨頂なのかなと。きっと今後ずっと忘れられない読書体験になったと思う。

さよなら神様 (文春文庫)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:横浜駅SF, 柞刈湯葉 [読書日記]

* 横浜駅SF, 柞刈湯葉, KADOKAWA, 9784040721576

角川のWeb小説コンテスト「カクヨム」から出たというSF小説。
旬のものは早めに読まなくてはとおもいつつ1年前くらいから積読になっていてようやく読了。もちろん柞刈作品は初読。

元ネタは良く知っている。個人的にも1978年くらいから10年ばかりは毎日、その後も数年のブランクを挟みながら横浜駅とはずっと付き合ってきている。東西自由通路が初めてできたときから(そう、昔の横浜駅は西口から東口に抜けるのに入場券が必要だったのだ!)、常にどこかしらの改良工事が続いている横浜駅。ただそれだけのネタをよくここまで広げたなぁというのが、まずもって偽らざる感想。

帯紙のコピーにもあるように、思わず一気読みしてしまうようなジェットコースター的なストーリー展開。端々に出現する突込みネタも楽しいし、それなりにちゃんと考えられている各種設定の裏に思いを巡らせたりするのも面白い。多少ご都合主義的な部分も目に付くものの、文体も比較的読みやすくてサクサクと読み進められる。

もっとも、ここまで広げた大ぶろしきをどう閉じるのかという部分に限って言えば、ああぁ~と思った、というところ。まぁそれですべてメデタシメデタシにはなっていないところは考えていますねといちおう納得した感じではありますが。どうやら続編がでているらしいのですが、それはもういいかなぁ、と。

横浜駅SF (カドカワBOOKS)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:日曜の午後はミステリ作家とお茶を (Shanks on Crime), ロバート・ロプレスティ [読書日記]

* 日曜の午後はミステリ作家とお茶を (Shanks on Crime), ロバート・ロプレスティ, 髙山真由美, 東京創元社, 9784488287047

コージーミステリの雰囲気(必ずしも描かれる事件はコージーでもないが)の連作短編集である。
ロプレスティ作品は初読。というより、解説など読むと本邦初紹介のものらしい。書店で平積みになっているのを見て、へぇ~と思ったのが第一印象。

内容はというと14編の短編(一部ショートショート風のものを含む)を収録。主人公はいまいちブレークしないミステリ作家レオポルド・ロングシャンクス氏。切れ者の奥様であるコーラも、ミステリ分野ではないが同じく作家、という設定である。描かれる事件は、殺人がからむものから、ちょっとした紛失物の謎まで幅広い。いくつかは犯罪すら起きていない(未然に防げた)という話。著者が各編末尾のメモにも書いているが、これら作品は主にアルフレッド・ヒチコック・ミステリマガジンに掲載されたものを集めた形である。

で、これが読んでいてやたらと面白い。古典ミステリにありがちな超絶トリックが駆使されて、とかそういう話ではもちろんないし、シャンクス氏(なぜか苗字を略して皆からシャンクスと呼ばれている)が超人的な洞察力を発揮する、という話でももちろんない。本作の舞台は現代のアメリカで背景理解はまったく問題なし。(おそらく翻訳者の腕もあるのだと思うが)すらすらと読めて、ふむふむと納得して、最後にはウィットに富んだオチでクスッと笑う、そういう読書体験を存分に楽しめた。個人的には、「階段」「タクシー」あたりは、この最後の最後でこうきますかというヒネリで吹き出しそうになってしまった。

短編で気軽に読みはじめられるし、ミステリ小説のお約束的な面倒な話は出てこないし、ましてやきわどい描写など皆無なので、通勤電車の中などでも読みやすい。オススメ。

日曜の午後はミステリ作家とお茶を (創元推理文庫)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:風のベーコンサンド~高原カフェ日誌~, 柴田よしき [読書日記]

* 風のベーコンサンド~高原カフェ日誌~, 柴田よしき, 文藝春秋, 9784167910471

柴田よしきの手による「旨そうなご飯」もの小説である。いわゆるミステリーではない。柴田というとどうしても、猫探偵正太郎シリーズが頭に浮かんでしまうが、このところ鉄道を絡めた成長物語小説とか、いろいろ新境地ものが目立っている感じ。

本編は、とある事情で高原の村にカフェを開いた女性の奮闘記、といったところか。東京から移動してきて店を開き、地元住民との良好な関係を築きつつ、東京に残してきたとある事情のややこしい話が途中でからまり、、、という流れでまずは開店から1年の様子を描き切ったという分量。文庫で300ページ弱、この人の特徴でもある読みやすい文体もあって、さらっと読み切れる。

個人的にポイントは2つ。
(1)美味しそうな料理
読んでいて舌なめずりをしてしまう旨そうな料理の数々が登場する。この主人公が超絶技巧のシェフだから、のような設定ではないのは一つポイント。ローカルの良い素材のおかげ、というのが再三説明される。それに加えて主人公の丁寧な仕事、という形になっている。絵空事っぽく思えないように書き込まれているところはさずが。
(2)高原の村でカフェを営業するという難しさ
超有名観光地ならともかく、バブル期に流行りました~という設定では営業的に苦労するだろうことは想像に難くない。そのあたりも数値は出さないまでも主人公は頭を悩ます。高原ゆえのシーズンオフ問題やら、気候と維持費の問題やら、なかなかちょっとリサーチしました(主人公も、著者も)という雰囲気がでていて好感であります。よくありがちな地元住民との軋轢、のあたりはサラッと流されている感じではありますが、まぁここを掘り下げても仕方ないというところか。丁寧な話作りで読んでいてひっかかることもなくて楽しめた。

実は一か所だけ言葉づかいで引っかかった。
「山スキー」。
少々あいまいなのだが、文脈を読むと普通にリフトに乗ってゲレンデで楽しむスキー、のことを指して主人公&関係者が口にしているように読める。しかしもともとスキーゲレンデを営業していたような地域(スキーと言えば全員がクロスカントリーを思い浮かべるような北欧某国のような地域ではなく)であれば、それは単に「スキー」というと思う。わざわざ山をつけると、バックカントリーとか、自分で担いで山頂へ登るとか、ゲレンデ外を自己責任で楽しむスキーという意味に近くて、子供たちがたくさん滑っているというのは雪国とはいえ微妙だ。(それもあって、この単語が発せられた時、おぉーなんと、冒頭からずっとホンワカ系で来たのに、ここへきて舞台を移してアクロバティックな展開がこの後?柴田よしきスゲー、と期待して読み進めたら違った、ということです。笑)

風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 (文春文庫 し 34-19)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:無常の月~ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン~, ラリイ・ニーヴン [読書日記]

* 無常の月~ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン~, ラリイ・ニーヴン, 小隅黎, 早川書房, 9784150121730

SF界の巨匠・ニーヴンの中短編傑作集。訳者にせんだって亡くなったはずの小隅黎がクレジットされていて一瞬驚いたが、単に新訳ではないということのよう。

7編の収録作(帝国の遺物、中性子星、太陽系辺境空域、無常の月、ホール・マン、終末も遠くない、馬を生け捕れ!)の半分以上が別の短編集などで読了済みなのだが、「ホール・マン」「馬を生け捕れ!」の2編が初読である。ほとんどこの2編のために買ったようなものだ。もっとも既読の作品も、このところニーヴンの新作を読んでいないのもあって、久しぶりにドキドキしながら楽しい読書体験でありました。いや、本当にこれは楽しい。

それから解説氏が末尾でも触れているが、現在「無常の月」は映画化の話が進行しているとのこと。それでこの短編集が編まれたということのようなのだが、ハヤカワの商売魂はともかくとして、今どきのSFXでどう映像化されるのかを楽しみにして待ちたい。


無常の月 ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン (ハヤカワ文庫SF)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち (How Music Got Free), スティーヴン・ウィット [読書日記]

* 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち (How Music Got Free), スティーヴン・ウィット, 関美和, 早川書房, 9784152096388

タイトルのとおりのドキュメンタリ本。
半年ほど積読になってたのをようやく読了。実は読み始めたモチベーションは、いきつけの本屋に先月から文庫版が並び始めたのをみて焦ったというもの・・・(汗)。ペイパーバックの単行本だが、真っ黄色の表示が目立つのと、帯紙の売り文句がなかなか刺激的。「エンターテインメント、コンテンツ、出版、著作権ビジネスに関わるすべての人、必読」「本年(注:2016年に和訳が出ています)最高のビジネス・ノンフィクション!」という感じだ。

そして読み終えての感想は、、、うーんかなり微妙であります。
最初のほうでドラマ仕立てで語られる、mp3圧縮技術に関する音質評価と標準化競争の話、はワクワクと大変面白く読めた。
・・・のですが、中盤から最後までは個人的に全く興味がない話がひたすら続いて、ほとんど全て斜め読み。米国ミュージシャンの名前と曲名の列挙(カタカナで書いてあるのもあいまって、ほとんど読む気がしない)、ユニバーサルだかコロンビアだかの音楽コンテンツ業界(とその会社のエグゼクティブの面々の)盛衰の話、CDリッピング&P2P共有するのを生きがいにしているやつら(そんな商売もんに手を出すコソ泥みたいな犯罪の手口を事細かに自慢げに詳述されてもなぁ)、そして最後にはいかにも米国っぽい法廷闘争と駆け引きの話。

帯紙に必読と書かれているような、エンタテイメント、コンテンツ、出版、著作権ビジネスに関わる人、ではない自分が読んでも合ってなかった、だけなのかも知れない。著作権保護技術には以前仕事で少し関わっていたけど、それは決して著作権ビジネスではなかった(著作権ビジネスをやっている人たちに強要されてやっていた仕事)からかもしれないですが。

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:スタンフォード式最高の睡眠, 西野精治 [読書日記]

* スタンフォード式最高の睡眠, 西野精治, サンマーク出版, 9784763136015

睡眠の質を上げてパフォーマンスをあげましょうという本である。某所でお勧めされていたのがきっかけで手に取った。(18刷)

正直、タイトルがものすごく恥ずかしいと思えるのは気のせいか。著者の方はStanford(もちろんカリフォルニアはシリコンバレーの原動力になったあの有名大学のこと。キャンパスには何度かお邪魔しました)で研究活動をされているとのことなので、もちろん間違いではないのだが・・・研究者本人がよくこれでOKだしたなという印象が先に来る。

中身にはいると、まず随分と文字が大きくて行間が広く、段落分けも多用されているので見かけのボリュームよりはだいぶあっというまに読み切れる。近年の研究成果を(ものすごく)かいつまんで引用しながら(referenceは巻末に見開き2ページだけだが付いている)、睡眠の質とはそもそもどういうもので、普通の日本人が達すべき到達点はこれだというのを指南してもらえる、というように自分は受け止めた。

そのうえで、個人的に気に入らない点(1)本文中でやたらと多用される傍線とボールド。これ本当に研究者が書いたのだろうか?(もしくは本人の知らないところで編集者が(文字通り)編集しまくったのではないか?)。(2)ちゃんと校正していないのかもだが、例えばページ43のグラフ。nも明記されているし、エラーバーも描いてあるし、さすが、と一瞬思いました。が、エラーゼロの点って本当?とか、エラーバーの下限が欄外とかおかしいし、こまかいことを言えば横軸に単位がないとか。残念ながら、このグラフを見てから以降、最後まですっかりまゆつばな読み方になってしまった。(3)さらに巻末近くなってくるともう一点、論文掲載されて一定の検証済みの科学的事実と、著者本人が経験から感じている経験則レベルのことをいっしょくたにしている(ように見える)のも、冒頭で大上段にかまえたこの書籍の狙いからしてどうなのよ等と思えてしまう。

結局、手に取ったときにうっすら嫌な予感がした「出版社がこの会社」というところなのかも。もちろん、読む前からそんな失礼なことをいうべきではありませんがね。いやでもしかし、これ本当にご本人が執筆・校正されたのでしょうか。

スタンフォード式 最高の睡眠


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:シャーロック・ホームズの蒐集, 北原尚彦 [読書日記]

* シャーロック・ホームズの蒐集, 北原尚彦, 東京創元社, 9784488479114

シャーロックホームズもののパスティーシュ作品6編を収めた短編集である。北原氏は有名なホームズマニアとのこと。

本書に収められているパスティーシュは、ドイルが書いたホームズ作品中で名前だけ触れられている「語られざる」事件のものがたりを、ドイル風に作風を工夫しながらミステリに仕立てる、という趣向のもの。あとがきにもあるが、これはなかなか書くのが大変であろう。自分はさしてホームズマニアというわけではないが、ドイル作品はいちおう全作を読んでいるし、各種パロディやパスティーシュも十数冊保有しているというレベルではある。

さて中身であるが、なかなか面白い。うまいことドイル風に味付けされた文章表現やストーリ展開、ドイルばりのホームズ超人描写や、いまではNGの推理の飛躍など、当時の雰囲気をこれでもかというふうに盛り込んでいる様子。


個人的にはもうちょっと口語文(特にワトスンのせりふ)を固めの表現に徹してもらったほうが、さらに雰囲気が出るよなぁとも思ったが、これは自分が新潮文庫の延原訳でホームズものに触れた世代ゆえか。

まあそのような細かいところを気にしたりせず、ストーリ展開とホームズ推理の飛躍を目の当たりにして楽しむ、のがよいような気がしますね。

シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -