So-net無料ブログ作成
検索選択

読了:逃げる幻 (The One that Got Away), ヘレン・マクロイ [読書日記]

* 逃げる幻 (The One that Got Away), ヘレン・マクロイ, 駒月雅子, 東京創元社, 9784488168094

第二次大戦直後のスコットランドはハイランド地方が舞台となるミステリ小説。オリジナルは1945年の発表である。
マクロイ作品は「幽霊の2/3」に続いて2作目の読了。

家出を繰り返す少年が荒野の真ん中で突然姿を消す人間消失事件が発端となる。ものがたりの前半は、なぜ少年は家出を繰り返すのか、そこに理由はあるのか、といったところに焦点がおかれる。探偵役と思われる米国人・ダンバー大尉は精神科医としての専門知識を活かしてこれに立ち向かうのだが・・・、再び起きる人間消失、そしてさらには殺人事件が勃発し・・・というストーリ展開である。

最終的には事件のカギともなるスコットランドの風習や歴史について、いちおう作中で簡単な説明が行われるのだが(米国で出版された作品ゆえ)、基礎知識がないとこれがなかなか難解で、まずそこのとっかかりで苦労した。また、戦後すぐという状況から作者と読者が共有していたであろう時代の雰囲気がよくわからないのも辛い。これらもあって、特に前半は読み進むのが少々苦しい状態が続いたのが本音。しかし殺人事件が勃発し、ダンバーの上官であるウィリングが登場するあたりから事態は俄然活気を帯びる。そしてラスト、周到に引かれた伏線が一気に回収され、おぅそう来たか!と膝を打つ謎解きで物語は急転直下、幕を降ろすのである。

「読者への挑戦」がないのが不思議なくらい、謎解きのヒントは読者の目の前にいくつも並べられている。
いや、なかなか楽しめました。

逃げる幻 (創元推理文庫)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読了:銃・病原菌・鉄 (Guns Germs and Steel), ジャレド・ダイアモンド [読書日記]

* 銃・病原菌・鉄<上>~1万3000年にわたる人類史の謎 (Guns Germs and Steel), ジャレド・ダイアモンド, 倉骨彰, 草思社, 9784794218780
* 銃・病原菌・鉄<下>~1万3000年にわたる人類史の謎 (Guns Germs and Steel), ジャレド・ダイアモンド, 倉骨彰, 草思社, 9784794218797

本書は、なぜ旧大陸のヨーロッパ人は新大陸の先住民を駆逐できて、その逆ではなかったのは何故なのか、を解説する、ピュリッツアー賞受賞作。上下巻で文庫で800ページほど、なかなかの大部である。

本書の結論として、白人の多くが信じているような「白人が有色人種より優れているから」ではないと説く。著者の専門が生物学であることもあり、基本的な論調はきわめてロジカル。反論が残りそうなポイントは逐一潰していったうえで、結論を導くというやり方である。このため、少々まどろっこしいという印象を受けるかもしれないが、厳密性を維持しようとするとどうしてもこうなるのは仕方ないだろう。

冒頭書いた結論がなぜそうなのかは、本書を通読したほうが正しく理解できるだろうから詳しくは触れない。端的に言ってしまえば、それは「たまたま周辺環境がよかったから」ということにつきる。この結論では、白人社会からは相当反発が起きることが想像でき、それもあって、論理展開が水も漏らさぬ様相の記述量になってしまっているものと思われる。章を改めるごとに、以前の章の総括をいちいち述べていたりするのも、部分的な拾い読みに基づく反論の類にプレッシャーを与える狙いのように読める。このあたり、著者はかなり気を使っている感。その分、通読している読者からすると、繰り返し的な記述や、何回も引用される総括的な文章が目につき、まどろっこしいのであろう。このあたりを刈り込むと80%くらいの分量にはなるのではないか。

ともあれ、本書の導く結論はなかなか衝撃的だ。上述したような白人社会にとっての衝撃は(有色人種たる日本人としては)ぼんやり想像するしかない。が、それは脇に置いておくとして、今日、地球人類がこの技術レベルに達していることそれ自体が、かなりの僥倖に恵まれていたためだ、と本書は言っているのに等しい。以下、本書の内容に多少触れるが、もしこの時代の陸塊が違う形状であったなら、人類はどうなっていただろう。陸塊が地軸に対してどういう形を呈するかは、マントルの対流パターンがたまたまどういう形で安定したかに殆ど依存しているはずで、カオス的な話であろう。もしこの地域の哺乳類が適当な性質を兼ね備えていなかったなら、人類はどうなっていただろう。生物が遺伝的に獲得している性質がどう選択されてきたかは、たまたま起きた突然変異(=宇宙線等の当たり方)の積み重ねであるはずで、これまたカオス的な話。
こんな脆弱な基盤に立脚して人類は技術文明を築いてきたということなのかと愕然としてしまう。
米国人が、神の存在、もしくはインテリジェントデザイン説を信じたくなる気持ちも少しは理解できるような気もする。

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)


文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読了:密室蒐集家, 大山誠一郎 [読書日記]

* 密室蒐集家, 大山誠一郎, 文藝春秋, 9784167904883

2012年の本格ミステリ大賞受賞作である。大山作品は初読。
時代も場所も異なる5編の密室ものの短編集の形をとる。
その縦軸が「密室蒐集家」なる存在。警察組織内部に伝説とも噂ともいわれて、末端の捜査官にまでも認知度が高い存在の名探偵である。その存在自体がかなりの謎なのだが、そこは本書の主題ではない。あくまで、短編それぞれで提示される密室の謎を解き明かすのが主題である。

密室トリックとしては、通常の鍵のかかった部屋ものから、終始監視されていたドアもの、雪密室まで様々な分野が扱われ、果てはH.M.(by ジョン・ディクスン・カー)の向こうを張った密室講義まで飛び出してくる。本格ミステリのマニア受けすることは間違いないだろう。
逆に、トリック主体のミステリ小説を読みなれていない読者の場合、やたらひねったロジックの説明のあたりで投げ出してしまう可能性もありそうに思えるのは心配のしすぎか。
ところどころご都合主義的な部分や妙な偶然が重なるところなどがあるような気もするが、まぁ短編なのでこのくらいはOKというところか。

ともあれ、読みやすいストーリー展開の途中で突然「えぇ~!?」と叫びたくなるようなポイントが各短編に用意されているのだから、読者サービスとしては満点。
なかなかたのしい読書体験でした。

密室蒐集家 (文春文庫)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読了:フィフス・ウェイブ (The 5th Wave), リック・ヤンシー [読書日記]

* フィフス・ウェイブ (The 5th Wave), リック・ヤンシー, 安野玲, 集英社, 9784087607192

映画化なった全米ベストセラーとのふれこみのSF作品である。
舞台は近未来の地球。突如現れた異星人の巨大宇宙船により、人類はほぼ全滅一歩手前というところまで追いつめられている。その状況下で、離れ離れになった弟と再開するためにM16ライフルを担いでサバイバルを続ける少女「キャシー」が主人公である。
ものがたりの視点は、キャシーの視点と、もう一人の主人公たる「ゾンビ」君の視点を行き来する。(最近おおい描写方法なので)最後のほうで視点が一緒になるのが期待できて、2人の周りの人物にもいろいろなことが起きて、そしてちゃくちゃくと話の舞台が近づいていき・・・、ばばーんという流れだ。

本編全体を包む謎は、4th waveと5th waveがいったいいつどんなふうに襲来するのか、であろう。それは話の進展につれて少しずつ明らかにはなっていくわけだが、、、個人的な感想としては、後半に進むにつれてSFとしての話や謎がだんだん矮小になってきて萎えたというのが本当のところ。

もともとティーンエイジャー向けに書かれたノベルなので仕方ないところはある。しかしどう見たって1st waveから4th waveまでは、異星人にとっての合理性が強く感じられる手段な訳だが(現実問題として、これやられたらアウトじゃないですかね、人類)、5thになったとたんこの手段ですか?と全人類が突っ込みたくなりませんか。
そもそもずいぶんとコストも時間もかかるじれったい方法だし、構成人員に起因する不確定要素が大きすぎて安心して遂行しづらい(実際、この物語ではそのせいでほころびが出るわけだ)プロジェクトにみえる。最終的な安全弁にあたるアレも、フィールドで本人がどうこうできてしまうような方法以外に、なんとでもやり方があるでしょう、とか。著者としてはなんとかして、読者たるティーンエイジャー自身の話として、理不尽に日常を奪われて、極めて厳しい危難を受けて、しかしそれを才覚で乗り越えて、愛の物語も一部とりまぜて、というストーリーにしたかったように読めてしまう。
本編全体がほぼ完全に米国内に閉じた話になっているのもだいぶ気にかかるところ。
あくまで米国ティーンエイジャー向けのライトノベル的なモノなのかもしれない。


フィフス・ウェイブ (集英社文庫)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る