So-net無料ブログ作成
検索選択

読了:「昔はよかった」病, パオロ・マッツァリーノ [読書日記]

* 「昔はよかった」病, パオロ・マッツァリーノ, 新潮社, 9784106106262

過去を美化する風潮への警句である。2015年の出版。
帯紙には「なぜ日本人は過去を美化するのか」とあるが、本文を読んでいくと、これは必ずしも日本人には限らない、ずっと過去からの人類の病のようなものということのようだ。どうやら孔子もそのように言っていたようです(笑。

「昔は安全だった」「絆と人情があった」「みな礼儀正しかった」なんていうのは単なる記憶誤りであって、史料や統計資料にあたってみれば逆の状況だったことが明確になる、というのが本書の主張。参考文献もそれなりにちゃんと引かれているようなので、この辺のロジックはたぶん信用して良さそうである。特に本書でボリュームを確保している治安、安全の話は興味深い。あたりまえですが、この種の統計情報は(観点が時代とともに変わったりはしても)基本的な情報として正式なものが残っているわけで、これはだいぶ当てにして良さそう。

若者の根性が足りないとか、社会的マナーの劣化とか、このあたりは先日読んだ「江戸しぐさ」ばりの話で笑えるところでもある。戦前の電車の乗り降りのマナーがひどいものだったという話などは、(本書では引用されていないが)寺田寅彦の随筆でも触れられていたりするので明白な事実なのだと思われます。

一方で本書は、記述自体のロジックがいまひとつ厳密でなく、少々面白おかしく書かれている印象をうける。このあたりが参考文献として利用したい場合に障害になりそうな感じがするのがちょっと残念。

「昔はよかった」病 (新潮新書)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る