So-net無料ブログ作成
検索選択

読了:江戸しぐさの正体~教育をむしばむ偽りの伝統, 原田実 [読書日記]

* 江戸しぐさの正体~教育をむしばむ偽りの伝統, 原田実, 講談社, 9784061385559

「江戸しぐさ」という道徳教材があるという。なんでも江戸時代の商人が励行していた、現代人が学ぶべき行動原理らしい。近年になってそれが義務教育の道徳教材に掲載されるようになったのだが、実はそれは戦後の創作物であって歴史的にみると何の意味もない話、という本である。

一部ニュースサイトなどで何度か話題になっていて、そういうものもあるのだね程度の認識だったのだが、どうも元の「江戸しぐさ」自体がだいぶオカルトめいた内容らしいということを聞きかじり、ちょっと面白そう(ネタとして)ということで読んでみた、というところ。

いや、なかなかの一刀両断ぶり。原田氏がばっさばっさと切って捨てている元の「江戸しぐさ」啓蒙本を読んでいないので単眼的になってしまうが、オカルト的なものというか、よくこんな適当な歴史描写をだれも突っ込まずに教科書に載せたなぁ、というのがいつわらざる感想である。渡し船の座席や、喫煙注意のマナーなど、近世歴史にたいして詳しくない自分でも完全に笑ってしまう内容。「東海道中膝栗毛」くらいは学生時代に拾い読みしましたのでね(笑)。

これは原田氏も繰り返しているが、元々「江戸しぐさ」啓蒙にあたって、単に現代マナーとして広報活動すればよかったのであって、あたかも古き良き江戸時代にそれが事実として存在していたかのように説明・捏造したのがまずかったのだ。どうも似非科学を流布している連中と根っこは同じ気がしている。
こういうのを読んでしまうと、そもそも「古き良き時代」って本当なんだろうかというのも疑問だ。都市伝説的に語られる「今時の若者は~」は軟百年も前からずっと言われ続けているのだ、と同じように、「昔は良かった」も実は昔からずっと言われ続けているだけなのかも知れない。

江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る