So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

読了:無常の月~ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン~, ラリイ・ニーヴン [読書日記]

* 無常の月~ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン~, ラリイ・ニーヴン, 小隅黎, 早川書房, 9784150121730

SF界の巨匠・ニーヴンの中短編傑作集。訳者にせんだって亡くなったはずの小隅黎がクレジットされていて一瞬驚いたが、単に新訳ではないということのよう。

7編の収録作(帝国の遺物、中性子星、太陽系辺境空域、無常の月、ホール・マン、終末も遠くない、馬を生け捕れ!)の半分以上が別の短編集などで読了済みなのだが、「ホール・マン」「馬を生け捕れ!」の2編が初読である。ほとんどこの2編のために買ったようなものだ。もっとも既読の作品も、このところニーヴンの新作を読んでいないのもあって、久しぶりにドキドキしながら楽しい読書体験でありました。いや、本当にこれは楽しい。

それから解説氏が末尾でも触れているが、現在「無常の月」は映画化の話が進行しているとのこと。それでこの短編集が編まれたということのようなのだが、ハヤカワの商売魂はともかくとして、今どきのSFXでどう映像化されるのかを楽しみにして待ちたい。


無常の月 ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン (ハヤカワ文庫SF)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち (How Music Got Free), スティーヴン・ウィット [読書日記]

* 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち (How Music Got Free), スティーヴン・ウィット, 関美和, 早川書房, 9784152096388

タイトルのとおりのドキュメンタリ本。
半年ほど積読になってたのをようやく読了。実は読み始めたモチベーションは、いきつけの本屋に先月から文庫版が並び始めたのをみて焦ったというもの・・・(汗)。ペイパーバックの単行本だが、真っ黄色の表示が目立つのと、帯紙の売り文句がなかなか刺激的。「エンターテインメント、コンテンツ、出版、著作権ビジネスに関わるすべての人、必読」「本年(注:2016年に和訳が出ています)最高のビジネス・ノンフィクション!」という感じだ。

そして読み終えての感想は、、、うーんかなり微妙であります。
最初のほうでドラマ仕立てで語られる、mp3圧縮技術に関する音質評価と標準化競争の話、はワクワクと大変面白く読めた。
・・・のですが、中盤から最後までは個人的に全く興味がない話がひたすら続いて、ほとんど全て斜め読み。米国ミュージシャンの名前と曲名の列挙(カタカナで書いてあるのもあいまって、ほとんど読む気がしない)、ユニバーサルだかコロンビアだかの音楽コンテンツ業界(とその会社のエグゼクティブの面々の)盛衰の話、CDリッピング&P2P共有するのを生きがいにしているやつら(そんな商売もんに手を出すコソ泥みたいな犯罪の手口を事細かに自慢げに詳述されてもなぁ)、そして最後にはいかにも米国っぽい法廷闘争と駆け引きの話。

帯紙に必読と書かれているような、エンタテイメント、コンテンツ、出版、著作権ビジネスに関わる人、ではない自分が読んでも合ってなかった、だけなのかも知れない。著作権保護技術には以前仕事で少し関わっていたけど、それは決して著作権ビジネスではなかった(著作権ビジネスをやっている人たちに強要されてやっていた仕事)からかもしれないですが。

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:スタンフォード式最高の睡眠, 西野精治 [読書日記]

* スタンフォード式最高の睡眠, 西野精治, サンマーク出版, 9784763136015

睡眠の質を上げてパフォーマンスをあげましょうという本である。某所でお勧めされていたのがきっかけで手に取った。(18刷)

正直、タイトルがものすごく恥ずかしいと思えるのは気のせいか。著者の方はStanford(もちろんカリフォルニアはシリコンバレーの原動力になったあの有名大学のこと。キャンパスには何度かお邪魔しました)で研究活動をされているとのことなので、もちろん間違いではないのだが・・・研究者本人がよくこれでOKだしたなという印象が先に来る。

中身にはいると、まず随分と文字が大きくて行間が広く、段落分けも多用されているので見かけのボリュームよりはだいぶあっというまに読み切れる。近年の研究成果を(ものすごく)かいつまんで引用しながら(referenceは巻末に見開き2ページだけだが付いている)、睡眠の質とはそもそもどういうもので、普通の日本人が達すべき到達点はこれだというのを指南してもらえる、というように自分は受け止めた。

そのうえで、個人的に気に入らない点(1)本文中でやたらと多用される傍線とボールド。これ本当に研究者が書いたのだろうか?(もしくは本人の知らないところで編集者が(文字通り)編集しまくったのではないか?)。(2)ちゃんと校正していないのかもだが、例えばページ43のグラフ。nも明記されているし、エラーバーも描いてあるし、さすが、と一瞬思いました。が、エラーゼロの点って本当?とか、エラーバーの下限が欄外とかおかしいし、こまかいことを言えば横軸に単位がないとか。残念ながら、このグラフを見てから以降、最後まですっかりまゆつばな読み方になってしまった。(3)さらに巻末近くなってくるともう一点、論文掲載されて一定の検証済みの科学的事実と、著者本人が経験から感じている経験則レベルのことをいっしょくたにしている(ように見える)のも、冒頭で大上段にかまえたこの書籍の狙いからしてどうなのよ等と思えてしまう。

結局、手に取ったときにうっすら嫌な予感がした「出版社がこの会社」というところなのかも。もちろん、読む前からそんな失礼なことをいうべきではありませんがね。いやでもしかし、これ本当にご本人が執筆・校正されたのでしょうか。

スタンフォード式 最高の睡眠


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:シャーロック・ホームズの蒐集, 北原尚彦 [読書日記]

* シャーロック・ホームズの蒐集, 北原尚彦, 東京創元社, 9784488479114

シャーロックホームズもののパスティーシュ作品6編を収めた短編集である。北原氏は有名なホームズマニアとのこと。

本書に収められているパスティーシュは、ドイルが書いたホームズ作品中で名前だけ触れられている「語られざる」事件のものがたりを、ドイル風に作風を工夫しながらミステリに仕立てる、という趣向のもの。あとがきにもあるが、これはなかなか書くのが大変であろう。自分はさしてホームズマニアというわけではないが、ドイル作品はいちおう全作を読んでいるし、各種パロディやパスティーシュも十数冊保有しているというレベルではある。

さて中身であるが、なかなか面白い。うまいことドイル風に味付けされた文章表現やストーリ展開、ドイルばりのホームズ超人描写や、いまではNGの推理の飛躍など、当時の雰囲気をこれでもかというふうに盛り込んでいる様子。


個人的にはもうちょっと口語文(特にワトスンのせりふ)を固めの表現に徹してもらったほうが、さらに雰囲気が出るよなぁとも思ったが、これは自分が新潮文庫の延原訳でホームズものに触れた世代ゆえか。

まあそのような細かいところを気にしたりせず、ストーリ展開とホームズ推理の飛躍を目の当たりにして楽しむ、のがよいような気がしますね。

シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (Inviting Disaster - Lessons from the Edge of Technology), ジェームズ・R・チャイルズ [読書日記]

* 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (Inviting Disaster - Lessons from the Edge of Technology), ジェームズ・R・チャイルズ, 高橋健次, 草思社, 9784794222930

現代において発生した巨大事故例を取り上げて、その発生にいたるまでの要因分析を行おうというドキュメンタリ本。文庫で500ページ超となかなか大部である。かつて柳田邦夫の「マッハの恐怖」シリーズを愛読した者としては、こういう本にはついつい手が伸びる。

本書では、事故と言っても純粋な自然災害は原則として含まれていない。人間が設計、運用している装置なり施設がなんらかのトラブル(それは自然環境が要因の一つとして影響している場合もある)を引き起こし、それをマイナートラブルで食い止めることができずに大事故に至ってしまった、という事例が取り上げられているのだ。

原書がかかれたのは2001年。取り上げられている事例には、有名だが古い時代のもの(例えば、三菱長崎のタービン飛散、米国リバティ号沈没、など)は意図的にか排除されていて、あくまで現代に起きている事故に絞られている。まずは、洋上石油掘削基地の転覆、続いてスリーマイル島事故、チャレンジャー号打ち上げ失敗といったところだ。(2001年著作ゆえ、2011年の日本の原子力発電事故は載っていない。)

いずれの事例紹介でも、学術的な解説というより、臨場感あふれるストーリ描写という感じになっているので、まあ良い意味でも悪い意味でもハラハラドキドキしながら読み進められるようになっているのが特徴。これ知っているよという事例もいくつかあるけれども、これだけの分量を通して読むことで全体感を把握できるともいえるだろう。

ちょっとだけ苦言をあげるならば、本書は最終章が全体のまとめになっているのだが、全体のお話に対してまとめの分量が少な目で、事例の一般化が中途半端に終わってしまっている印象である。ページの割合的に、事故事例のストーリ集みたいになってしまっている感。
また、事故事例の中で類似の例を挙げたいがために、メインのストーリの途中で時々脇道にそれることがあるのだが、これが毎回毎回唐突感があって、一瞬はなしについていけなくなる。翻訳の問題なのかもしれないが、集中をそがれるのでちょっとどうにかならないかと思ったところだ。

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:妖女のねむり, 泡坂妻夫 [読書日記]

* 妖女のねむり, 泡坂妻夫, 東京創元社, 9784488402204

泡坂妻夫の長編ミステリである。泡坂は短編ばかり読んできたので、長編は先日読んだ「湖底のまつり」に続いて2作目の読了。
カバー絵、タイトル、それに裏表紙の要約を読む限りでは、なんだか怪しげな幻想小説じゃないかと思えてしまうが、驚くなかれ実は・・・という代物である。

冒頭、ちょっとした偶然により興味深い書き物が見つかるところから物語は始まる。その謎を解くために(というより、掘り出し物で儲けようという思惑で)長野県へと向かう主人公。その列車内で第二の偶然の出会いが演出され、そして物語は輪廻転生にからめたかたちで本格的に転がり出すのである。

主人公たちはすべて即断即決で行動も早い。今でいえばジェットコースター的なミステリの様相。終盤に入ると、幻想小説はそのベールを脱ぎすてる。東京と長野を行ったり来たりしながら、都合数日間の物語は一気に完結してしまうのだ。

いろいろと偶然に依拠して話が進んでいくのが気に入らない向きもいるだろうが、これはあくまでも計画的犯罪小説ではないのでOKではないかと思う。ラストで冒頭のさりげない伏線にもどってくる(しかもその元の描写がまた・・・)ところなど、さすが泡坂という感じ。
当初はどうなることやらと思いながら読み進めたが、結局のところかなり楽しめました。

妖女のねむり (創元推理文庫)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:シャーロック・ホームズの栄冠 (The Glories of Sherlock Holmes), ロナルド・A・ノックス/他 [読書日記]

* シャーロック・ホームズの栄冠 (The Glories of Sherlock Holmes), ロナルド・A・ノックス/他, 北原尚彦/編, 東京創元社, 9784488169077

いわゆる贋作ホームズもの、パロディ、パスティーシュのたぐいの作品を集めたアンソロジーである。
あらためて自分の書棚をみてみると、ドイルの作品も含めて「ホームズ」と名のつく書籍が30冊近く。ほとんどがこの種の作品もしくはアンソロジーである。そこに加わる1冊なのだが、本書の特徴はその執筆陣(といってもこの出版のために執筆したわけではもちろんないわけだが)。
ノックス(陸橋殺人事件!)から始まり、ベントリー、ミルン、などなど、そうそうたるメンバーが続く。

収録柵のなかには少々マニアが過ぎるのか、解釈に困惑するような作品もあったりするわけだが、それとは対照的にまるでドイルが書いたかのような体裁の作品もちらほら。かと思えば、モリアーティ教授がアメリカに登場してみたり、もう縦横無尽な感じ。ホームズものとは、それだけ後年のひとびとにアイデアを想起させるネタ帳みたいなものなのかも。

編者による巻末の解説、これがまたいろんな意味で面白い。このへんはシャーロッキアン病膏肓という感じなのでしょうか。いやはや。
たしか第2集もちかぢか刊行という話をどこかで読んだので、それも楽しみにしておきたい。

シャーロック・ホームズの栄冠 (創元推理文庫)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:血か、死か、無か? (Is It Blood, Death or Null?), 森博嗣 [読書日記]

* 血か、死か、無か? (Is It Blood, Death or Null?), 森博嗣, 講談社, 9784062940993

森博嗣のWシリーズ第8弾。今回はエジプトが舞台になる。
帯紙に「人間を殺した最初の人工知能」とか「通信環境にない躯体はいかにした外界とつながったのか」とか、いくつか派手目な煽り言葉が並ぶ。

例によって謎のコンピュータがもろもろの事情により発見され、これを調査するためにエジプトに赴く面々。建築物にからむちょっと面白い描写が続き(このあたり森先生のお得意な分野であろう、あれ?犀川先生だったかな)、さらにWシリーズの前回作品までの話とのリンクが構成されていく。

しかし本作の眼目は第3章以降でしょうね。
(少々ネタばれに近い話になってしまうが、このシリーズは既にミステリではないので…。)
森博嗣作品群をずっと読みついできている読者は、固有名詞としての「メ○○○○」を目にしておやっと思うという仕掛け。さらにそれをアナグラム的にいじる。しばらく読み進めると、またもや「ミ○○」なんていう懐かしの固有名詞が出現。Wシリーズ特有のちょっとしたドンパチが続くのだがそれはおいておくとして、微弱な生体反応なんていう表現が出たら、もう2004年くらいに読んだアレのことに決まっています。

読み終えて・・・いやいやいやすごい話でした。
2年前、Wシリーズ第1弾に手を出していて良かった、と思えた瞬間でした。森マジックですね。

血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? (講談社タイガ)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関, 法月綸太郎 [読書日記]

* 怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関, 法月綸太郎, 講談社, 9784062937504

法月の怪盗グリフィンシリーズ第2弾である。
本作単体で読んでも大丈夫だろうが、多少の予備知識があるとより楽しめるだろうから、前作「怪盗グリフィン 危機一髪」を先に読むといいかもしれない。
今回グリフィン氏が依頼される仕事は、とある奇矯なSF作家が残したとされる未発表原稿の入手。予備調査を始めると、同じものをなぜかCIAも狙っているらしい。SFの原稿にスパイ組織が興味を示すのは何故か・・・というところをちゃくちゃくと深堀りしていく、というストーリー展開である。

ちょっと気になるのは、中盤以降もおもしろがって読み進められるかどうかが、「量子計算機」にかかわる技術を多少なりとも耳にしたことがあるかどうか、にかかっている気がする点。個人的には、ちょこちょこ現れる固有名詞やら概念やらにクスクス笑いながら楽しんだのだが(「キャビット」には吹き出した)、これって一般的なのかどうなのか。

まぁそうはいっても前作同様、巧みな会話のやりとり(それは怪盗がその場しのぎ?でぽんぽんしゃべっている内容も含む)をはたで見て楽しむ、というのが本作の正しい楽しみ方な気もする。終盤まで読んだところで著者が仕掛けた全体像がわかるわけだが・・・、さてどうなんでしょうねこれ。

怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関 (講談社文庫)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

読了:名探偵の証明, 市川哲也 [読書日記]

* 名探偵の証明, 市川哲也, 東京創元社, 9784488465124

市川哲也の長編ミステリである。第23回鮎川哲也賞受賞作。
帯紙には、「若き名探偵×伝説の名探偵」などというポップが躍る。先日同じ作者の「屋上の名探偵」を読んで、本作が文庫化されたということで入手したもの。市川作品は2作目の読了である。

まず全体の感想ですが、いわゆるエンタメ的な感覚で本作を読むときっとがっかりするよな、というところ。探偵同士の熾烈な対決シーンがあるわけでもなく、とんでもない見立ての連続殺人事件が起きるというわけでもない。まして空前絶後のあっと驚くトリックが駆使されているということでもない。

あとがきでも一部触れられているが、本作の世界では「名探偵」がメジャーな存在として社会に受けいれられているという、ある意味でパラレルワールドなお話だ。それを踏まえて、「名探偵はいかにして存続するべきか」「名探偵は社会にとってどうあるべきか」のようなテーマを突き付けている作品、と受け止めるべきな気がする。もちろんストーリーを追っていけば、それなりの謎解きやらサイドストーリー、そしてどんでん返し的な趣向など、小説として純粋に楽しむこともできる。が、どちらかというと本作の狙いは、いわゆるミステリ小説の玄人な人たちに受けるであろうメタなお話、というところなのではないか。そこの点がもしかすると鮎川哲也賞としてあるべき姿だったのかもしれない。

有栖川の「探偵ソラ」シリーズにもちょっと通じるところがあるような感じもしますし、我こそはミステリマニア、というような人向け、か。

名探偵の証明 (創元推理文庫)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
メッセージを送る